4500人が熱狂!ジャパンプレミア開催!!

2014年7月24日(木)

news0723.jpg公開目前の7/23(水)、再び豪華キャストが集結しジャパンプレミアが開催されました!

約4500人の超満員の会場に主演の佐藤健さんをはじめとする、キャストが登場し、あっという間に興奮気味のファンたちに囲まれました。舞台に登壇した佐藤さんは「みんな激しすぎでしょ!」と突っ込みながらも、「撮影もハードな現場だったんですけど撮影が終わってもまさかこんなハードな思いをするなんて思っても見なかったです(笑)。息も乱れちゃって、服も乱れちゃって・・・でも嬉しいです!」とニッコリ。続けて、もともと原作が好きだったと明かし「僕にとってものすごい思い入れの強い作品になりました。キャスト、スタッフの心がこもった作品です。原作ファン代表としてこの『るろうに剣心』を愛している人々の思い、原作の魂を汲んで実写化させていただいたつもりです。ファンの方に納得してもらえる作品になっていると思います」と感無量の面持ちで作品のお披露目を喜びました。

本作で神谷薫役を演じた武井咲さんは「続編があるということは前作にとても愛情を注いでくれたからこうして今この場に立っていると実感しています。期待している方々の期待に答えられる映画だと思いますので是非今日は映画を楽しんでください」と本作の完成度の高さに太鼓判を押し、「今回は薫も戦う。今までは道場をひとりでやってきた子なのに戦いに挑むんです。そのアクションシーンが剣心に対する愛情だと思いながら(演技)しました」と、演技について明かしました。

剣心の最大の敵・志々雄真実を演じた藤原竜也さんは「クソ熱いスーツを着て大変だった」と苦労を明かすも、「もう全員暴れている映画です。本当に健くん中心にかっこいいです。楽しんでやらせていただきました」と笑顔で、撮影を振り返りました。

 四乃森蒼紫役を演じた伊勢谷友介さんは69才の田中泯さん演じる翁との死闘を繰り広げているが、「いい年してこんなに燃えてできる映画はない」とコメントし、「(田中泯さんは)僕が大学時代から尊敬している舞踏家なんです。いい年してもっといい年した人と戦っている。僕は38才です(笑)」と笑いを誘いました。

 前作から続き、相楽左之助役を演じた青木崇高さんは、「ハードルを大いに高くして見てもらっていい。本作は度肝を抜きます!」と本作の出来に太鼓判。

 瀬田宗次郎役を演じた神木隆之介さんは、「本当に自信を持って素晴らしい作品だという作品なので皆さんに見てもらえるのが本当に嬉しい。最近は熱中症を気をつける季節だけど、この夏は剣心でもっと熱くなってください!宗次郎のポイントは笑顔。笑顔が劇中で誰に向かったのかによって違う。それぞれに向けた笑顔の意味合いを観て欲しい」と、自身の演じる瀬田宗次郎の見所ポイントを明かしました。

 巻町操役を演じた土屋太鳳さんは、「おととしの夏に実写一作目を映画館で見てこんなすごい映画が日本にあるんだということと、なんで私がこの映画に出られないんだろうという悔しい思いで上映が終わっても席から立てなかったんです。オーディションを受け、操ちゃんをいざ操ちゃんを演じるとすごく大きくて私にふさわしいかどうか不安で、監督はじめスタッフの方々に支えてもらって演じることが出来ました。生まれ変わっても操ちゃんを演じたい」と、自身の役への並々ならぬ思いを語りました。
そして、激しいアクションを披露している土屋は"劇中でこの人にはかなわない!と思った人物"について問われると、「それぞれの役が人生を背負っていて一人に決めるのが難しい」と悩んだ末、「やっぱり剣心だと思います。髪の毛の毛先から動いたあとの空気も剣心だったので心配になりました。後ろ姿もすごくて・・・是非ご覧下さい」と、佐藤健さん演じる剣心を大絶賛。

 駒形由美役を演じた高橋メアリージュンさんは藤原さんとのシーンが多く、「"志々雄の姿"を見て怖くないか」とよく聞かれるのだが「もともと志々雄ファンでとってもかっこよかったです。クランクアップしたあと志々雄ロスというか包帯ロスとなりました(笑)」と一風変わったロスになっていたことを告白。

前作から出演し、本作では剣心とともに戦う道を選ぶ斎藤一役を演じる江口洋介さん「一作目では漫画原作ということで自分はその役にふさわしいかどうか考えながらやっていたと思うんですが今回は続編。僕も2本だった前髪を3本に増やして変えていった。そういう新しい変わった部分が集結して続編ができたんじゃないかな」と、パワーアップした本作の秘密を教えてくれました。

本作でメガホンをとった大友監督は「まだ『伝説の最期編』の編集をしているので、まだ現場の気持ち。2本合わせてひとつの作品になっています。今日はまずこちらを見ていただかないとつながりません。まだ編集中なので、きょうは皆様に力づけて欲しい。見終わったあとみなさんの大きなリアクションを下さい」と、呼びかけていました。
news0723_2.jpg
最後に、撮影地となった熊本のゆるキャラ・くまモンも駆けつけ、剣心の逆刃刀を手にしたくまモンが"抜刀術"のまねも披露したが刀を納められず、佐藤さんが手伝う一幕もありました。

●最後に一言

佐藤さん:まっさらな気持ちで見てもらいたいですが、今日はこんなに大勢の人に集まっていただいてこんな機会滅多にないし、こういった場に集まってくださった皆様は、この映画を一段階深く理解しようとしてくださっていると感じて話させていただきます。壮絶なアクションと言われていますが、誰も死なずに最後まで出来て良かった。最後までたどり着くことができないんじゃないかと思いながら、撮影をしていた。大きなケガなどの恐怖もあり、役者生命をかけてやったといってもおおげさではない。ともに戦ってくださった皆様に感謝します。こんな経験をさせていただいて、すべての方に感謝します。今日から(本作は)みなさんのものです。今日からどうぞよろしくお願いいたします。

c2013 Warner Entertainment Japan Inc.