帰ってきた"るろう人"!全国47都道府県を巡って絆をつなげ!"るろう人を探せ!"全国横断キャンペーンPart2実施決定!

2014年6月 2日(月)

前作『るろうに剣心』で実施された『"るろう人を探せ!"全国横断キャンペーン』の続編となる、『"ツイッターでるろう人を探せ"全国横断キャンペーンPart2』の実施が決定いたしました!


るろう人1小.jpgこのキャンペーンは映画のタイトルにある「るろう人(流浪人)」にちなみ、北は北海道の最北端から南は沖縄まで、リアルるろう人が全国を旅して、映画「るろうに剣心」を応援するというもの。映画の公開劇場はもちろんのこと、各地の名所や映画に縁のある地を訪問!『るろうに剣心 伝説の最後編』の公開を迎える9/13までの100日間でできるだけ多くの場所を訪れてたくさんの人と触れ合うため、『るろうに剣心 京都大火編/伝説の最後編』の装飾を施した専用車"るろう号"で全国47都道府県を行脚します! 運よくるろう人に出会えた人には映画のオリジナルグッズもプレゼントを予定! キャンペーンサイトではるろう人の旅の記録もマップとして閲覧可能。リアルタイムで現在のるろう人の位置も確認でき、ハッシュタグ「#るろう人が行く」に加え、位置情報をつけてツイートすると自分のアイコンもるろう人マップに登場します。

6月5日に予定している完成披露試写会イベントで出陣式を行い、100日間全国行脚するリアルるろう人となるのは、前作でのキャンペーンで全国各地を回り、本作では映画出演も果たした若手俳優、長尾卓也!

本作の主演である佐藤健さんとの親交も深い彼。映画では、佐藤さん演じる緋村剣心が全国をるろうして薫や仲間に巡り合ったように、るろう号が行く先々で全国の人々の絆をつないでいきます。


【リアルるろう人 長尾卓也 の抱負】
前作のキャンペーンに続き、もう一度"るろう人"として参加でき大変嬉しく思っています!

『伝説の最期編』では出演もさせていただきました。"るろう人キャンペーン"でもう一度全国の皆さんに会えると思うと本当に嬉しいです。映画の大ヒット、そして素晴らしさを伝えると共に、"るろう人キャンペーン"も伝説を作るべく、頑張ります!


▼ るろう人を探せ!全国縦断キャンペーンPart2
www.rurounin2.jp

『るろうに剣心 京都大火編』主題歌を"ONE OK ROCK"が担当!

2014年5月 1日(木)

news_20140501.jpg


『るろうに剣心 京都大火編』
本作の主題歌に、前作『るろうに剣心』に引き続き、若者から絶大な人気を誇り、フランス、イギリス、台湾など12カ国公演を敢行するなど、日本のみならず世界からも注目を集めるロックバンド"ONE OK ROCK"が担当!

主題歌「Mighty Long Fall」は映画のために書き下ろされ、壮大なスケールで描かれる本作にふさわしいドラマチックなナンバー。ボーカルのTakaは「前作に引き続きこの作品に携われたことを大変嬉しく思います。僕らにとってこの映画はもはや第三者としての感覚ではなく、一緒にこの映画を作らせてもらっているという、そういう感覚を持つぐらい思い入れが深い映画になりました!その中で今回も僕らなりにこの映画の主題歌にふさわしい楽曲になるように試行錯誤をしてきました。スケールもアクションも前作に比べてはるかにデカくなった今回の作品に負けないよう僕らも迫力のある、そして新しいONE OK ROCKを出せたと思ってます!」とこの曲に捧げた想いをコメントしました。

剣心Ver.くまモンに続き、なんと志々雄Ver.くまモンが登場!
これは本当だモン!劇場前売り特典決定!

2014年4月15日(火)

5月3日(土)より全国の劇場で本作の前売券発売が決定しました。
劇場前売券の購入者特典には映画業界初!くまモンとのコラボレーションストラップが登場!
しかも、特典グッズは剣心くまモンだけにとどまらず、なんと最狂の敵・志々雄真実バージョンのくまモンも登場!
発売が開始される前売り券は全3種で、各特典は先着3万枚限定となります。

①『るろうに剣心 京都大火編/伝説の最期編』セット券
¥2,800(税込):剣心くまモン&志々雄くまモン ストラップセット
news20140415.jpg

②『るろうに剣心 京都大火編』前売券
¥1,400(税込): 志々雄&十本刀クリアファイル
news20140415_3.jpg

③『るろうに剣心 伝説の最期編』前売券
¥1,400(税込): 剣心クリアファイル
news20140415_2.jpg

販売劇場は後日公式サイトに掲載いたします。

異例の公開6ヶ月前に佐藤健がカルチャー雑誌『CUT』の表紙に役衣装で登場!

2014年1月15日(水)

0115.jpg

1/18(土)発売のCUT2月号の表紙は緋村剣心=佐藤健さんが登場!
オフィシャル以外では独占となる撮り下ろし写真、佐藤 健と大友啓史監督の最速ロングインタビュー、撮影現場速報レポート、さらに続々と発表されつつあるキャストと原作のストーリーを基に『るろうに剣心 京都大火編/伝説の最期編』のキャラクターを徹底分析する検証記事など、半年後に公開となる作品の特集としては異例の16ページ大特集です!

http://ro69.jp/product/magazine/7

『るろうに剣心 京都大火編/伝説の最期編』クランクアップ!

2014年1月 7日(火)

0107.jpg

この度、2013年7月1日にクランクインした本作が遂にクランクアップを迎えました! 

撮影期間は6ヶ月、エキストラ延べ5,000人、さらには茨城・山形・熊本・滋賀・兵庫・京都・長野・栃木・千葉・神奈川・東京と全国1都1府9県に及ぶ全国縦断大規模ロケを敢行。総移動距離はなんと地球の半周分となる約20,000kmを記録!

撮影を終え、主人公・剣心を演じた佐藤健さんは「今回改めて剣心を演じる上で、剣心という人物をより深く考えていくうちに、どんどん思い入れが強くなりました。ここまで愛した役は初めて」と語っています。また「剣心っていう人間を客観的に見てみると、自分の中に住んでいる友達みたいな感じなんです。僕はその友達が大好きでほっとけなくて守りたくて、それほど剣心に対して愛情があって・・・すごい良い奴なんですよ。こういう感覚は初めてです。もちろんどの役に対しても愛情はあるんですが「もっと演じていたい」「ずっと演じていたい」と思えたのは初めてでした」と、改めて自分にとって剣心がどれだけ思い入れのある役であったかを明かしました。 

さらに、前作に比べ激しいアクションシーンが描かれている本作ですが、佐藤さんは「激しいアクションシーンが続いたので、常に怪我をする可能性はあって。何回もやれば大怪我をする可能性だってある。だからこそ、普通の現場よりもけた違いの集中力で現場にいなければいけないし、常に気を引き締めていないといけなかった」と、安堵の表情で本作が無事にクランクアップしたことについて述べました。 

また、今回本格的なアクションシーンに挑戦した武井咲さんは「前作に比べて練習の期間があったので、きちんとアクション練習に取り組めました。今回薙刀という新しいアイテムだったのですごく練習しがいがありましたし、動いていても自分の中でしっくりくる部分とこなかった部分がだんだんわかるようになって、すごく楽しくやっていました」と本作での自身のアクションの出来栄えに自信を持ってコメントを寄せました。

©2013 Warner Entertainment Japan Inc.