佐藤健、「伝説を作りたい」
台風にも負けず10都市12回の舞台挨拶ツアー完走!!

2014年8月11日(月)

★_AAA7683.JPG

8/9(土)〜10(日)には日本全国10都市を股にかけ、12回の舞台挨拶を行う大ヒット御礼の舞台挨拶ツアーを行い、佐藤さん、青木さん、大友監督が全国のファンに大ヒットのご報告と御礼を行いました。さらに各地では他キャストから佐藤健にサプライズメッセージが届けられました。フィリピン→福岡→広島→大阪→京都→名古屋→札幌→仙台→盛岡→さいたま...と続く舞台挨拶ツアーのファイナルは新宿!

上映終了後の会場に、三人が割れんばかりの拍手と歓声に迎えられて登場。三人は8/9(土)~10(日)に、日本全国10都市を股にかけ、大ヒット御礼の舞台挨拶ツアーを敢行。ここ新宿ピカデリーでの夜の舞台挨拶が最終地点ということもあり、佐藤さんは「只今22時半ですね。こんな時間に舞台挨拶をするのは初めてです」とコメント。

さらに台風11号の影響で舞台挨拶ツアー完走が危ぶまれた今回のツアーだったが、「雨、大丈夫でしたか?気をつけて帰ってくださいね」と、会場に駆け付けたファンを気遣い、「傘、持っているよね。帰り道はそれで戦いながら帰るんでしょ?色々な意味で気を付けて帰ってくださいね(笑)」と本作を見終えた観客を笑わせました。

続いて青木さんはフィリピンのタガログ語で挨拶し、佐藤さんから「フィリピンがいかに熱狂的だったからと言って引きずりすぎ(笑)」と、突っ込まる一幕も。

大友監督は「おかげさまで良いスタートを切ることができました。まだこれから始まったばかりです。今日全国を回ってきて手ごたえを感じました。まだ『るろうに剣心』を応援してください。よろしくお願いします」と、感謝を述べながら、作品をアピールしました。

カナダのファンタジア映画祭で観客賞を受賞した本作は、映画祭での上映の追加が決定したほどの人気ぶりだったそうで、映画祭に足を運んでいたという監督は、「始まる一時間ぐらい前から行列で上映前にスタンディングオベーションが起きていました。上映前ですよ!映画祭の方も『初めて』と言っていました。ものすごく熱狂的に迎えられて。おかげさまで観客の皆さんに受け入れられて追加上映も決まり、盛り上がりました。次を見せろと責められました(笑)」と、国内外での評価についても手ごたえを感じたようです。

日本全国舞台挨拶ツアーの前に行われたフィリピン、マニラで行われたアジアプレミアには、1万1千人ものファンが集まり、佐藤さんは「二日たっても(青木さんが)フィリピン語で喋りたくなる気持ちがわかるほど熱かった。人数もそこまで集まってくださるとは思ってもみなかったし、一人一人の温度が熱狂的でこっちが圧倒されました」とフィリピンでのプレミアを振り返り、「原作のファンが多かった。インタビュアーの人たちの質問が鋭い。原作がここまで広まっているんだなあってびっくりしました」と、日本のみならず、国内外での『るろうに剣心』の人気を教えてくれました。

今回のツアーでは 10都市 12回、約 4000名の観客に向けて舞台挨拶を2日間で行い、佐藤さんの地元であるさいたまでも舞台挨拶を実施し、「アットホームな中で迎えてくれて嬉しかったです」と、振り返りました。

また、この日は志々雄真実役を演じた藤原竜也から、佐藤、青木、大友監督に向けたメッセージが贈られ、佐藤さんが「本当にうれしいです」と感激する場面も。

今回の舞台挨拶ツアーは「日本(にっぽん)大火編」をコンセプトに全国各地の舞台挨拶にて日本列島が書かれたポスターに「実行」ステッカーを貼り、各地に大ヒットの"大火"をつけてきました。ツアー最終地点となる新宿ピカデリーにて、佐藤さんが東京に「実行」ステッカーを貼り、2日間 10都市 12回に及ぶ舞台挨拶の弾丸ツアーは大盛況の中終了しました。

●藤原竜也さんからサプライズメッセージ

健君、青木君、大友監督国内外での大プロモーション、本当にお疲れ様でした。
そして『るろうに剣心』大ヒット本当におめでとうございます。
自分は今、別作品の撮影中でして舞台挨拶に参加できずごめんなさい。ですが陰ながら応援しています。僕も取材で何度かお話しましたが、健君がこれだけの大作の主演を撮影から公開まで1年以上背負って全うされることの大変さは計り知れないものがあったかと思います。本当にお疲れ様です。志々雄として健君と対峙できた撮影現場は本当に過酷で大変な現場だったけど、本当に充実したモノづくりをできましたし、刺激を沢山もらいました。『伝説の最期』もきっとすごいことになっていると思います。楽しみにしています。

●佐藤さんから最後に一言
ずるいよね。あんな終わりかたしちゃって(笑)。意外にまだ一か月以上あるということで待っていただくことになるのですが、待つ甲斐のあるものを見せれると思うので楽しみにしてくださいね。大ヒット御礼という形で舞台挨拶を回らせていただいているんですけど、大ヒットと言うことは実際にこうやって劇場に足を運ばせてくれた人がいるからということで本当に感謝しています。今日は直接お礼を言いたくてやってきました。ありがとうございました。けれども9/13の2本の映画を撮っているつもりはなくって2つで1つの映画なんです。本当の公開日は9/13なので、それ(『伝説の最期編』)に向けてまずは『京都大火編』を盛り上げていって。そこから再び『るろうに剣心』ブームを巻き起こせればと思っています。『伝説』を作りたいと思っております。もしよろしければ力を貸してください。

6000人が熱狂!公開記者会見にキャスト登場!

2014年8月 8日(金)

IMG_0532.JPG
文化親善セレモニーに続き、夜にはマカティ市のGlorietta Activity Centerで公開記者会見が行われ、佐藤健さん、青木崇高さん、大友監督が参加。会場に駆けつけた前日を上回る6000人ものファン、アジア各国から集まった多くの報道陣からの質問に『るろうに剣心 京都大火編』に対する熱い気持ちを答え、国境を越えて応援してくれるファンへ、サイン、握手などを熱心に行いました。また、モール内で実施した公開記念キャンペーンの優秀者5名に賞品を進呈し、全員での写真撮影が行われました。

佐藤さんコメント:

まず「(タガログ語で)こんばんは!元気ですか?佐藤健です。ここに来られて嬉しいです。」とご挨拶。(撮影中のケガは?)しょっちゅうでした。
(ハリウッドでのリメイクの話が来たら?と聞かれ、会場大興奮)皆さんの歓声が答えなのではないでしょうか。
(次のステップは?)これだけすごい役をやらせて頂いた後に次は何をするか、悩んだり迷ったりもしますが、いつか大友監督とまたるろうに剣心以外の役でご一緒できたらいいと思います。剣心は、普段生活していて迷ったり悩んだりした時、剣心だったら何て言うかなと考えるほど人生のお手本、師匠です。
初めてフィリピンに来ましたが、本当に来られてよかったです。 フィリピンが大好きになりました。『るろうに剣心』という映画をきっかけに、日本映画がフィリピンに広まったらいいなと思っています。サラマット!(=ありがとう)」

 青木さんコメント

(撮影中のけがについて)殴られて歯をケガしてしまいました。
(好きなシーンは)殴られるシーンや血だらけのシーンです。passionの強い人が好きなので彼(左之助)が好きです!マハルコカヨ!!(=愛してる)

大友監督コメント:
和月先生とはかなりミーティングを重ねました。「龍馬伝」でふたり(佐藤、青木)と付き合っていて、健くんはそっちでも人斬りを演じていて、僕が会社を辞めて一本目の作品で健くんで人斬りで撮れるということは運命を感じました。(ハリウッドからリメイクの話がきたら)どうぞどうぞ自由にやって下さい、という感じです(笑)。スタッフ・キャストが命がけで作った作品 なので今日の皆さんの声を日本に持ち帰って皆に伝えたいと思います!

IMG_0635.JPG
最後に剣心の生き方で伝えられることは?」という質問には、佐藤さんは 「過去を捨て去ることは誰にもできないという台詞がありますが、 過去を忘れて未来を考えることも必要ですが、剣心みたいに過去を捨てられずにいる、過去をそれくらい大事にする生き方は素敵だなと思います。見習いたいと思います」と、剣心の生き方に尊敬の念を込めてコメント。

佐藤さんのコメントに対し、大友監督は「剣心のように不殺の誓いを立てて逆刃刀を身につけることで、信念を身につけて忘れないようにするというのは素敵だと思います」と語り、青木さんは「そんな彼の信念を守ってあげたいという左之助の信念です」と、佐藤さん演じる剣心の仲間・左之助を演じた青木さんならではの思いを明かしました。

文化親善セレモニー開催!

2014年8月 8日(金)

IMG_0369.JPG
前日のアジアプレミアの興奮が残る中、フィリピンにて8月7日(木)に文化親善セレモニーが行われ、セレモニーでは佐藤健さん、武井咲さん、青木崇高さん、大友監督へ日本文化とフィリピン文化をつなぐ文化親善大使の証書がマニラ・マカティ市より授与されました。
またフィリピンの名産品であるIKAT織りのショールが4人に贈られ、佐藤さんは早速身につけて喜びの表情。お返しにと、『るろうに剣心』チームからは浴衣をプレゼントし、両国の親睦を深めました。

●コメント
佐藤さん:おはようございます。フィリピンにこうして自分たちの映画を持ってくることができて嬉しく思っています。昨日はフィリピンの方々の熱気に圧倒されてしまいましたが、本当に幸せな時間を過ごすことができました。日本映画のこういったイベントは初めてだときいて、日本映画がもっといろんな所で上映されて行くきっかけになったら良いなと思います。

武井さん::ショールを部屋に戻ってから見ます!ありがとうございます!

青木さん:ご招待、ありがとうございます。すごくハッピーです!

大友監督:昨夜は、みんなでおいしいお酒を飲みました。皆さんと、またお会いできて友好関係が出来ればいいなと思います。ぜひ、映画を応援して下さい。

 

 

 

5000人のフィリピンのファンたちが大熱狂!アジアプレミア開催!

2014年8月 7日(木)

IMG_9719.JPG8/6(水)にフィリピン、マニラのSM MEGA MALLにてレッドカーペットイベントとプレミア試写会舞台挨拶が行われ、主演の佐藤健さん、武井咲さん、青木崇高さん、大友監督が参戦。フィリピンでプレミアを行うのは日本映画史上初で、2012年12月5日にフィリピンで封切られた前作『るろうに剣心』はフィリピンでの日本映画興行成績の歴代の記録を塗り替え、ダントツの1位に輝きました!(42スクリーン US$ 540,142)(1位:るろうに剣心 2位:呪怨2 3位:リング2 4位:リング3 5位:リング)。

佐藤さん、武井さん、青木さん、大友監督の4名がレッドカーペットに降り立つと、5000人の「るろうに剣心」ファンから「絶叫」とも言える歓声とともに迎えられました。会場となったSM MEGA MALLは映画館やスケート場が併設している若者から人気のスポットで、1階から吹き抜けの2階、3階と多くのファンの姿が。レッドカーペットイベントには佐藤健さんをはじめとするキャストらを一目みようと5000人のファンたちと、160人の報道陣が集まり会場は熱気に包まれました!

原作の漫画「るろうに剣心」はから国内で10年以上も販売されており、アニメも2005年よりテレビ放送が開始、フィリピンでは、「SAMURAI X」と親しまれ、現地での「るろうに剣心」ファンは筋金入り。剣心、薫、左之助、恵の神谷道場だけでなく、今回の新キャラクターの志々雄、蒼紫、宗次郎のコスプレをしたファンも見受けられ、「KENSHIN!!SAMURAI X!!」と彼らを出迎えました。日本の大ヒットを受けて、堂々とフィリピン、シンガポール、香港の取材に応じたキャスト、スタッフ。前作の興行収入が日本映画歴代1位を記録したフィリンピに、恩返ししました。

佐藤さんは、「想像を遥かに超えたレッドカーペットでした」。武井さんも「こんなにたくさんの人が来てくれるなんて、本当にうれしい」と、フィリピンのファンたちの熱狂ぶりについて興奮の面持ちでコメントを寄せました。また左之助役の青木さんも興奮した様子で、彼が演じた相楽左之助がフィリピンでとても人気のため、「SANO!SANO!」コールが鳴り止まみませんでした。

IMG_9695.JPGステージ上で佐藤さんが「Kumusta! Magandang gabi po! Ako po si Takeru Satoh. Masaya ako nagkita tayo! Salamat po. Mahal ko kayo. (こんばんは、私は佐藤健です。皆に会てうれしいです。来てくれてありがとう。愛してます)」とタガログ語で挨拶をすると、その都度絶叫が会場を包みました。

武井さんは、「海外のイベントはフィリピンが初めてなのですごくうれしかったです」とコメント。

監督は、「最近Facebookの友達申請にフィリピンの人が多いので、るろうに剣心の映画の人気度が伺え知れます。皆さん、メッセージ付きで友達申請くださいね」、青木さんは「Mahal ko kayo. (愛してます)」と挨拶し、「SANO!SANO!」と会場の熱気に答えました。最後に監督は、「すごい映画ができました!」と、本作の完成を報告し、佐藤さんは、「前作でフィリピンでの公開が日本映画の記録を作ったと聞きました。皆さんのおかげで今日ここにくることができました。人生をかけて作った映画なので、皆さんにぜひ見てほしいです」と、フィリピンのファンに向けて本作をアピールしました。

 さらに本イベント内で、アジア・ヨーロッパなど、世界53の国と地域で配給が決定したことも発表!フィリピン以外の国からも海外配給について多数問い合わせがきており、今後まだまだ増えていく予定です。日本での大ヒットに続き、世界へ向けて好発進を切った本作に今後もご期待ください!

2014年公開の日本映画(実写作品)No.1! 前作超え確実!興収40億円に向け大ヒットスタート

2014年8月 5日(火)

『るろうに剣心 京都大火編』が8月1日(金)から全国439スクリーンで公開がスタート。土日2日間で43万3,346人を動員し、興行収入5億9,223万円を記録。『GODZILLA』(2週目)、『思い出のマーニー』(3週目)、『マレフィセント』(5週目)を抑え、強豪ひしめく夏休みシーズンで初登場堂々1位を獲得。2部作連続公開の門出にふさわしい大ヒットスタートとなった。また、土日2日間の成績は、今年公開された日本映画の実写作品でNo.1となった。また、8月1日からの公開3日間の興行成績がすでに8億2,000万円を突破している。(※興行通信社調べ)

公開初日の1日(金)は映画サービスデーも重なり、平日にもかかわらず夏休みの中高生から30~40代の男女まで朝から幅広く動員を伸ばし、初日21万1,740人を動員、興行収入2億3,049万9,400円を記録。さらに1日に日本テレビ系列「金曜ロードSHOW!」で放送された1作目『るろうに剣心』の高視聴率が土日の動員を後押しした。興行収入に占めるローカルの比率が73%を超えるなど、都心部に偏らずローカルでも高いシェアを叩き出しており、客層も10代女子のグループから家族連れまで幅広く、興行収入40億円も視野に入った。レビューも高評価で、すでに口コミやリピート客も広がりをみせており、今後も観客を魅了し続けるだろう。

©2013 Warner Entertainment Japan Inc.